スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

未来記事の表示

01-05,2013

プログラム用

WordPressは本来ブログのツールのため、未来記事を書いても非表示(その時刻になるまで)となります。

今回、偶然仕事上で「未来記事を書いて、表示させること」を求められました。
新着情報というカテゴリに、未来の予定を書くためです。

予定日時=ブログ投稿日時
タイトル=予定タイトル
内容=予定の詳細

こういう形でやりたい、という事でした。

当然、予定日時は実際のブログ投稿日時ではなく、予定日を入力されます。

(こうした事例は、様々な方法があるかと思いますが、
私がここで書くやり方は通常の投稿での事例としてご覧ください)

他の方は、この方法を予約記事の投稿をカレンダーで表現したりすることに使っているようです。


●用意したもの
プラグイン No Future Posts
http://wordpress.org/extend/plugins/no-future-posts/

これをインストールして有効化し、未来の記事を投稿すると、未来の記事ですが表示されます。

私の場合は、今回新着情報のカテゴリを作ったためにこれが必要となりました。

新着情報をWordPressで表現する方法が 単純にカテゴリ作ればいいやという発想でやったのですが、実際それでやった所、こうした未来の記事という問題にぶつかりました。

今回はこれで解決したのですが、こうした案件は少なくないと思います。
(新着情報というカテゴリを作りたい)

もっとスマートな方法があると思うので、また勉強したりググってみたりしていきたいと思います。
スポンサーサイト

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。