スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マネーセミナーいってみた

01-21,2013

先日、お金貯めないとなーあーうーな記事をアップしました。
それから数日後、マネーセミナーにいってきたので、その時の感想文というか、どういうことしたのかを簡単に説明します。

当然ですが、勧誘的な意味合いゼロですので、マネーセミナーって何すんのよ?ってことが気になる人はどうぞ。

案外勉強になることが多かったです。

マネーセミナーの内容

・お金の流れ
・年金の話
・保険の見直し方
・貯蓄の仕方


まず、お金の流れについて。
ここは単純に言うと、結婚したら××円かかります(平均)っていうのを一通り教わる。
ただ、結婚、家を買う買わない、出産は個人にゆだねられますよね。
その中で唯一、全員が通る道(必要なお金)について話があてられました。

ずばり「老後」の話。
もう独身だろうが、パートナーがいようが、必ず訪れるものですね。

まず

◎今の年齢〜60歳=現役時代
◎60歳〜65歳=無年金時代←国民年金の場合。
個人年金の場合はもらえる年齢がまた違うかもしれませんね
◎65歳〜80歳=老後←80歳を寿命(女性約80歳、男性75歳)として考えた場合

60歳〜65歳まで
5年×12ヶ月×20万円(一ヶ月の生活費)=1200万円

65歳から80歳まで(年金10万円ゲット出来ている場合)
25年×12ヶ月×10万円=3000万円

これだけで見ると、老後暮らすお金は 最低4200万円の貯蓄が必要となります。
ってことは、現役時代のうちに 4200万円はないと生活できないってことです。


って感じで、老後に必要なお金をまず計算します。

そして年金に関する話になります。

年金に関してですが、出生率が関わってきます。
昔、年金が出来た頃というのは15人ぐらいの人が1人を養う計算になりました。
それが年を重ねるごとに人口が減り、このままの減少でいくと2050年には1人が1人を見る事になります。
当然この間に政策は取られると思いますし、何か別の方法が生まれる可能性もありますが、1人が1人を面倒見る状態っていうのをどう考えますか?

減額しなきゃ無理だと思いませんか?

今は10万以上の支給がありますが、それが自分の年齢であるのかというと ちょっと疑問になりますね。


このへんまでは、おそらく「少子化してるから年金やばいよ」って話でよく聞く話だと思います。


そこで出生率の話へ。

出生率1.3人とデータがあるとします。

この数字だけだと、減ってるような印象もあるとおもうけど 一人っ子が増えている印象であって、少子化かどうかっていうと、別に少子化のイメージが少ないと感じませんか?

単純に兄弟がいなくなってるだけ、というイメージで、子どもがいなくなっている感じは受けません。

ですが、出産は男女1組につき1人って意味であって、当然当たり前ですが 男は子どもを産めません。
ってことは女性1人が1人生むことになるわけです。

もうこのへんで、勘が鋭い方は気付くと思いますが 2人から1人生まれるのですから そりゃ、少子化だわなって話なんですよね。

1パートナー:1人=2人:1人って意味ですから 大人2:子ども1の図式が既に出来上がっています。



って感じで、日本全体どうなのよって話から、実はこういう意味なんですよって事をしっかりと教えてくれるセミナーでした。


あとはお金貯める方法とかについてですが、変な勧誘(この銀行と契約しろだとか、この株がいいとか)はありません。単純に、お金のため方の考え方を淡々と説明する感じでした。
名前で出てきたのは国債ぐらいなもので、あとはアメリカドルとかオーストラリラドルとか。
ユーロの名前は出てこず。株の名前も出てきませんでした。
(株の持ち方については少し話がありましたが、それでもどこの会社の株とかの話ではありありませんでした。

そこで教えてもらったざっくりな考え方ですが、貯蓄(使う可能性がある貯金)貯蓄2(家や車を買うとか、目的もってる貯金)資産運用(5年〜10年動かさないお金)という感じで分けて、資産運用に関しては 円だけで持つのではなく外貨やら金やらに変えて 手堅く利率で増やそうぜって話でした。
資産運用の仕方も、ギャンブル的発想ではなく(当然そういうやり方もあります)利率のいいところにドンと預けるのではなく、トータルして5%(小分けしてリスク回避)、満期まで国債を持つことや国内、海外あわせての手堅い方法ばかりが紹介されました。


ここで印象的だったのが固定金額で買う方が得になるという話し。

みかん10個買う方法と、1000円でみかん買う方法。

これ、後者が得になるんですね。

10個買う方法

10個 @100円 1000円
10個 @50円 500円
10個 @150円 1500円

30個 3000円


1000円で買う方法

1000円 @100円 10個
1000円 @50円 20個
1000円 @150円 6個

36個 3000円←個数が得になってる


金額を固定にすることで、値下がりした時のチャンスを逃さないし、逆に値上がりした時の損も回避出来る状態ですね。それを積み重ねて行くと 気付けば得をするって話。


私がいったのは、今回無料のセミナーで、あとは無料で個別に診断受けたり1万円からの運用も相談に乗りますっていうので終了しました。
無料相談をやるやらないはさておき、上記のようなことが学べるなら セミナーも悪くないなと思いました。

これ以外に、普段使っているお金の見直し方とか そういった部分も含めて 色々話があったので、あっという間の2時間のセミナーでした。
私もこれ受けるまでは、マネーセミナー=銀行の勧誘勧められるとか考えてましたが、結構普通でした。

という訳で、お金の勉強したいなって人は 一度何か探していってみるといいとおもいます。
スポンサーサイト

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。