スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Adobe製品を気軽に導入する方法

02-14,2013

既に既出感満載ですが、少し前に出てきた情報も含めてお届けします。
Adobe製品を安く購入する方法は主に2つです。

ちょっと長いのでたたみますね。


2/18(月)に第2回メルマガを発行します。
商用利用可能なアイコン素材1万点オーバーでご紹介致します。
素材に困っていらっしゃる方は、是非メルマガを登録してみてください。



【Adobe製品をお気軽に導入する2パターン】

1:通信教育などで、通信教育の受講とAdobeソフトをセット売りしているところを探す
いわゆる学生・教職員版製品を購入するパターン。

2:Adobeが新たに提供を始めた「月額数千円で最新のAdobe製品を使えるCreative Cloudに加入する」パターン

主に、この2通りです。


まず、1について。

CS3以前は、旧マクロメディア社でソフトを管理しておりました。
当時はアカデミック用で購入したソフトは商用利用NGでした。

これが現在は解除されていて、商用利用は可能になっています。
(ただし、使用許諾書の範囲内で←変わる恐れあり、常に購入前は公式サイトにて要確認)

なので、もしご購入をお考えなら 勉強もかねて通信講座を受けつつソフトの購入!とした方がいいと思います。
私はたのまなさんのオンライントレーニング通信講座
でゲットしました。

学校によってはライセンス発行が出来ない場合もありますので、たのまなさん以外でご注文される場合は、Adobe公式サイトでしっかり調べてからご購入するのがベストだと思います。
(あと有名なところだと、バンタンさんとかでしょうか。。)
通信講座は値段も色々ですので、勉強かねて買うなら講座やお値段で選ぶのがベストだとおもいます。


2について。
これは最近(といってももう数ヶ月経ちます)Adobe社が提供し始めたもので、月額お金を払うと 新ソフトが使いまくれるものです。プランによって使えるソフトが増えたり容量が増えます。

Adobe公式
http://www.adobe.com/jp/


10年前と違い、大分お手軽なソフトになって普及しています。
Webを仕事にしていると、Adobeソフトは必須です。
買ったときは高くても、使ってたら十分元が取れるものですしね。

これが無いと、仕事にならないので、重宝というか右手左手レベルで必要なものです^^
スポンサーサイト

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。