スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年から集めてみようか 確定申告で医療費控除をしっかり受ける方法

04-01,2013

新年度始まりました,こんにちわ。

今日は確定申告時の医療費控除について書いてみます。
何故に今更・・・という話のようにも感じますが 医療費控除はレシートが無いと始まりません。
ですからレシートを今年から集めよう,って話でスタートを書いてみようと思います。


医療費控除,これを知らない人のために。

年間医療費が10万超えると、超えた分が国からお金が戻ってくるシステムです。
たとえば15万円使うと,5万円キャッシュバックされます。
例の如く,超ざっくりの説明です。

これを受けるのに幾つか抑えておくポイントがありますので明記してみますね。

・市販の風邪薬や鎮痛剤もOK
ドリンク栄養剤は含みませんし、美容目的のサプリも含みません。
ですが「これってどうなの?」というものは全てレシートを置いておきましょう。

・レシートや領収書を置いておく
これが無いと申請が出来ません,だから「今年から集めてみようか」という話になります。

・交通費もOK
マイカー(駐車代,ガソリン代)は対象になりませんが バスや電車は対象ですので領収書を貰いましょう。

医療費が10万届かなくても,所得額に寄って若干返金がある場合もある。
これ意外な落とし穴ですが、低所得の場合 10万未満でも戻ってくる場合があります。
なので、戻るか戻らぬかはさておき 毎年控除の申請をやる方がお得です。
1万円とか戻ってくる場合もあるので、結構有り難いお金です。


というわけで、何だか今更の部分もありますが 交通費が戻ってくる事や、10万未満でも申請すればチャンスがあるっていうことなどは 案外落とし穴かもしれません。これは知り合いの経理の方から伺った素敵な情報です♪
市販薬に関しては定義が広いので難しいかも知れません。
しかし分からないから捨てるのではなく、全部置いておくと良いと思います。
もし控除外でも省かれるだけですし、もし控除内であればラッキーですよね。

保険代も決して安くはないので こうした部分できちんと申請しておくと年間ベースで見た時に安く上がると思います。

↓さらに詳しくはコチラのブログ様にて記述されております↓
http://usamimi1969.blog21.fc2.com/blog-entry-260.html

10万未満の件は書いておりませんが,控除のメリット、デメリット 申請方法の記述が事細かに載っております。
スポンサーサイト

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。